KORG TRITON taktileをStudio One 3で使う設定。及びレビュー。

ついこないだ、自分への誕生日プレゼントとして、Korg Triton Taktile-49を買った。

こいつはDAWとの連携機能がついていて、LogicとかCubaseとかPro ToolsみたいなメジャーどころのDAWの設定は入ってるんだけど、俺が今使ってるのはStudio One 3なので専用の設定が入っていない。

ということで設定の仕方をいろいろ調べてたら、こちらのブログで設定方法が書いてあったので、一応事なきを得た。
英語の情報なので、日本語で俺がやった設定の覚書ということで書いておく。

まず、Studio One 3の外部デバイス設定を開いておく。

  1. 「デバイスを追加」から、Mackie > HUI を 受信元>TR Taktile-49 DAW INに、送信先>TR Taktile-49 DAW OUTに設定して追加する。
  2. 「新規キーボード」を、受信元>TR Taktile-49 KEYBOARD/CTRLに設定して追加する。
    (送信先は「なし」のままにしておく。)
  3. 「新規インストゥルメント」を、送信先>TR Taktile-49 SOUND/CTRLにセットし、「MIDIクロックを送信」にチェックを入れて追加する。
    ※ただし、これはTaktile内部音源を利用したりBPM Syncが必要な場合のみの設定なので、特に使う必要がなければ設定しなくても良い。
  4. Taktile側のシーン設定を、Pro Toolsモードにする。

これで、トランスポートの操作、マーカーの移動、ループ、またフェーダーやノブによるミキサーの操作、トラックのミュート/ソロ/Recの切り替えが出来るようになる。
ちなみにTaktile側のControl ModeをControlに設定すると、ノブやフェーダーはCCを出力するようになるので、ソフトシンセやエフェクトのコントロールに使うこともできるようになる。
(俺の環境では唯一マーカーのセットが動作していなかったが、そのくらいならキーボードショートカットでも利用すればいいし、俺の場合はアレンジの構成をマーカーにコピーする方がよくやるので、まぁ困らない。)

補足の解説。

TaktileがPro Toolsモードの時は、 DAWコントロールがMackie HUI互換になるらしい。で、大抵のDAWはHUIとの互換性はあるだろうから、困ったらこれを利用すればいいらしい。( Studio OneだとHUIのプリセットが入ってるので、これを利用したってことになる。)
ちなみに、CUBASE、DP、SONAR、Liveモードの時はMackie Control互換になるそうだ。

以下、 TRITON Taktile-49の使用後の感想。


全てが中途半端です。でも俺の環境ではちょうどいい。」

作曲用のMIDIコントローラーとしては文句なしです。
49鍵盤もあれば大体のフレージングはできるし、ドラム用のパッドも使い勝手が良い。ベロシティの感度も適切なのでとりあえずベタ打ち感は出づらいです。コントロールできる部品も多くて、言うことないかな。
ただし、これはあくまでDAWへの入力と操作に限ればの話。

演奏用のキーボードとして考えると正直49鍵は少ないです。
まぁそのためにオクターブキーがついてるんだけど、そんなの気にしながら演奏したくねぇなぁとw

俺の中での鍵盤の数って

88鍵は演奏としては理想としても、コストや部屋に置くスペースを考えると厳しい。
76鍵でも演奏上は大概なんとかなるが、これもスペース次第&実はあまり売ってないスケール。
61鍵あたりが部屋に置くにはちょうどいいが、演奏的にはギリギリの妥協ライン…。
というわけで、このTRITON Taktileも61鍵があればよかったのになぁって少しだけ思う。そういえばそもそも初代のTRITONって61鍵だったっけ。

ちなみについ最近まで M-AUDIOのKEYSTATION Mini 32 IIを使って作曲してたんだけど、まぁさすがにこれを演奏用で使おうとは最初から考えてもいなかったので、作曲用としてはまぁ32鍵でもなんとかなってた。

M-Audio USB MIDIキーボード 32鍵 Ableton Live Lite付属 Keystation Mini 32
M-AUDIO (2014-06-19)
売り上げランキング: 1,210

まぁ32鍵が窮屈だとずっと思ってたから、もうちょっとスケールの大きな奴に買い替えたくて今回の導入だったわけだけどね。

というわけで49鍵っていうスケールは、かなり中途半端なのです。
ただまぁ、作曲上は快適だし、演奏も本職じゃないからちょろっと遊べれば十分なのでまぁダメではないです。部屋の占有スペース的にはちょうどいいくらい。

あと、内蔵音源もまぁ中途半端そのものですw

かつて一世を風靡したTRITONの音源が512プリセットすべて内蔵している!ってのがウリな機材だけど、エディットできる振り幅は狭い。プリセット音源以上でも以下でもない。
エレピやストリングス、パッド系の音はいい音するなぁとは思うけど、そんなありがたがるほどいい音かというと、現代のソフトシンセとかサンプラーの方がよっぽどいい音すると俺は思ってるので、かつてのTRITONへの憧れが強かった。またかつてから使いこなしていた人なら嬉しいんだろうけど俺はそうでもないので、そこまでありがたがるほどとは思えない。
何より、内蔵音源の出力がステレオミニプラグしかないので、どうしてもS/N比がよろしくない。レコーディングでは使えないかなぁ…。

ただ一番大事なのは、まぁまぁ良い音が入っている内蔵音源のおかげで、電源入れたらすぐ演奏して遊べるっていうところだったりする。
そう、俺はDAWを立ち上げなくても演奏して遊べる鍵盤が欲しかったのだ。
だから音源部が中途半端なのは許容できる範囲なのだ。

おかげで、仕事から帰ってきて何となく鍵盤弾いて遊んだり、コード進行やヴォイシングの構想やチェックをする上では大活躍できる。
それでいて安い。25000円もしない。
なんならiPadでも使える。

いろいろ中途半端なんだけど、その中途半端さが俺にはちょうど良い。
そして一番大事な、コントローラーである基本は中途半端ではなく満足できる。

散々ディスった気もするが、わりと気に入っている。何より、黒字に赤はDee Leeカラーなのでw

 

Share This: