夜鳴鳥 -比翼- で落語アンビエントDJやってみた。

相も変わらずBlogがあることを忘れかけている俺です。こんばんは。

さて、去る2017/11/26に行われました夜鳴鳥 -比翼-にて、またダーク・アンビエントDJをやってきたわけですが、今回もゆったりとした時間を好き勝手に過ごすという異世界の心地よさになりました。
今回も勧進元のAGIさん、本当にありがとうございます。

で、前回は60分のDJセットが1回という出番だったのですが(詳細は前回の記事参照。)
今回は30分のセットを2回。というわけで前半戦と後半戦で趣向を変えてやってみようじゃないか。ということに。

前半戦は真面目にダーク・アンビエントをやりましたよ。
前半戦プレイリスト

1. Entrance into Nothingness – Xasthur
2. Abandoned Artifacts – Dee Lee Projekt
3. The Day I Would Never Have – Deaf Center
4. A Rope to End It All – Flowers of Bodysnatchers
5. Beneath the Depth – Dee Lee Projekt
6. The Watcher Behind the Screen – Dee Lee Projekt
7. Onyx – Alcest
8. Tomhet – Burzum

真面目にダーク・アンビエントとかいいながらブラックメタル由来のが3つも入ってるんですが、まぁいいでしょうw そもそも俺のアンビエントのルーツはそっちなので。
あと、新作のアルバム”Film of Ashes” が出たのでそのプロモーション的に自分の曲を使ったり。

で、いよいよ後半戦ですが、以前からやりたいな〜と漠然と思っていた、
怪談噺+ダーク・アンビエント
やってみました。

こんな感じでした。

ご来場の方に粋な和装男子がいらっしゃってて、アドリブで噺家の役をアテフリでやってくださるという、まさかのセッションが始まるという神展開でしたw
なんかもう、こういう新しいユニットみたいだなぁって俺本人も思ってましたw

こんな感じで、要は落語の場面ごとのBGMをDJで当てていくというのをやってみたかったんですよ。で、ダーク・アンビエントで場面を作っていく都合上、滑稽噺じゃなくって怪談噺の方が良い。
今回は持ち時間が30分ということなのですが、落語の尺が30分に近くなければいけないので、長すぎても短すぎてもダメ。
それで今回使わせてもらったのが、柳家喬太郎師匠の牡丹灯籠

喬太郎師匠大好きなんですよ、俺。
今年の夏も喬太郎師匠見たさに7月の暑い中昼前から池袋演芸場に並んだりしてましたしね。

題材も牡丹灯籠がいいなぁって前から思ってまして。
美人の幽霊に化けて出られるほど惚れ込まれるとか、男のロマンじゃないですか、とかいう俺の性癖はどうでもいいんですがw
やはり、駒下駄の音が「カラン、コロン…」という下りが大好きでして。
新三郎もお露のことが恋しいわけで、愛しいけれどこれ以上交わってはいけない相手の足音を聴くってどんな気分なのか。
多分、期待や渇望もあるんでしょう。恐怖もあれば恐怖を否定したくなるような慕情もあるでしょう。ひょっとしたらお露を裏切ることに対する後ろめたさや、それを越えた諦観もあるかもしれない。あるいは腹を括った覚悟か。
やっぱり俺は男なので、そういう男目線の見方をするんですが、足音の描写ひとつに魅力があるのがいいなぁと。

…で、一番やってて難しかったのが伴蔵夫妻が出て来る場面。
あそこはストーリーのターニングポイントでありながら、一番滑稽噺の世界に近い部分で、雰囲気がガラッと変わるんですよね。
だから、どの曲を当てるのがいいか、どのタイミングで音を差すのがいいのか、すげぇ悩みました。
ユーモラス要素が削れすぎてもダメなのよね。

で、今回噺のバックで使ったセットリストがこちらです。

1. Childhood I – Atrium Carceri
2. Other Creatures – Dee Lee Projekt
3. Occurred – Keosz
4. Phosphene – Apocryphos
5. My Dear, Leave Me Forever. – Dee Lee Projekt
6. Revive – Darkly
7. Silent Cold Body – In Slaughter Natives
8. After the End of Time – Dee Lee Projekt
9. Chimes of the Unfortunate – Council of Nine
10. As the End Repeats – Dee Lee Projekt

まぁ、自分の曲使うのが、一番音の特性を理解できてるのでラクでしたw
そして、短距離走のリレーみたいな通常のDJmixと違って、30分気を張りっぱなしで方向転換もありえないという点で、すげぇ疲れましたw
でも、達成感はひとしお。やってよかった。

俺も落語大好きですので、「そもそも噺だけで、あとは聞き手の想像力を働かせるのが落語の魅力」なので、わざわざ後付けで音楽を当てるのは無粋なんじゃないか?っていう葛藤もちょっとはあったんですけどね。
でもまぁ俺は落語の伝統を守る人ではなくて、自由気ままな音楽作る人ですからね。
落語的には俺は聞き手であって、聞き手である俺の想像力の結果がこれなんです。ということで正当化しますからね!w

ともあれ、やりたいことがやれて大満足でございました。

ご同席いただいた皆様、本当にありがとうございました。

Share This:

続きを読む →

2017/08/26 夜鳴鳥 -産声- DJプレイリストとか。

思い出した時にしかBlogを更新しやがらない俺です。おはようございます。
8/26 夜鳴鳥 -産声-にてDJしてきました。

以前俺が「DJでダーク・アンビエントを回せるラウンジがあったらいいのになぁ…」ってぼやいてたのを聞いていたAGIさんが、まさしくそういう場所を用意してくださって心底感謝しているのと、他のDJ陣やご来場者様といろいろおしゃべりできて、また他のDJさん達のプレイを聴いて感覚をフルに刺激されて、これもまた俺の血肉となって未来を作れそうな気がします。なにより、酒が回りやすい音楽ばっかりでまいりましたw
まずは素晴らしい場所、人々、未来に心より感謝を申し上げます。
とりわけAGIさん、大変お世話になりました。ごっつぁんです。

で、俺のこの夜のプレイリストですが、60分概ね俺の曲で構成することにしました。
以下リスト。

  1. Hypnos
  2. Abandoned Artifacts
  3. Cell as Catacomb
  4. Beneath the Depth
  5. The Watcher Behind the Screen
  6. The Alter on Polluted Sands
  7. Other Creatures
  8. The Monologue
  9. History of Disillusion
  10. My Dear, Leave Me Forever.
  11. Birth of Imperfect Aeon
  12. Tomhet – Burzum

青文字の曲はアルバム Deep Inside the Buried Heartsより。

赤文字の曲はアルバムDemiurge : Visions of Pseudo-Universeより。

どちらもBandcampでフルで聴けるから、聴いてみるとよいです。
あと、昨日の実際の様子はこんな感じでしたよ。


で、緑文字の曲ですが、これは完全に新作です。
どのアルバムにも入ってません。一応俺の心の予定表には冬くらいにはリリースするのでは。ということになってます。予定も計画もあって、もう動いてますよと。

実はThe Monologueは作ってる途中で飽きてしまいボツ曲認定をしたあげく、しかさん動画のBGMに宛がうという扱いの悪さだったのですが…w


結局前日にDJの練習をしてる時に、あれ?使えるんじゃね?という手のひら返しをして採用トラックに復帰しましたw リリースまでに手直しは結構入るんでしょうけど。

あと、最後の1曲だけは俺の曲ではなく、BURZUMです。
俺がダーク・アンビエントに傾倒するきっかけになった1曲です。

今更俺が説明する必要にない悪名高きBURZUMですが、そもそも俺はメタルが大好きなので、あくまでブラック・メタルのアルバムを聴いている延長線上にたまたまこの曲があって、ただ一番好きになったBURZUMの曲がこれだったわけです。
BURZUMはその後もアンビエント路線のアルバムを何枚か作ってますが、この1曲あれば十分かなw Sol Austan, Mani vestanとかはいいアルバムだけどね。

実はかなり直前まで、今回みたいに終始自分のトラックでやるか、そうではなくていろんなお気に入りの曲の中に自分のトラックを混ぜるかで悩んだんですが、今回は自分のトラックでセットを組む感じになりました。
また次の機会があれば、その時はお気に入りのトラックを使っていくとは思います。
それまでは、俺のmixcloudにDJmixいろいろアップしてるから、聴いてやってくれ!

ではでは、この辺で今回の俺のプレイリスト解説を終わります。
はぁ〜どすこいどすこい。

Share This:

続きを読む →

DAWのレイテンシーとかサンプリングフォーマットとかの話。

今回の話は完全に制作サイドのお話です。しかも機材の設定の話です。
従って、リスナーにとってはこれっぽっちも面白い話題はないので、それでも読みたい人は以下からどうぞ。

(さらに…)

Share This:

続きを読む →

KORG TRITON taktileをStudio One 3で使う設定。及びレビュー。

ついこないだ、自分への誕生日プレゼントとして、Korg Triton Taktile-49を買った。

こいつはDAWとの連携機能がついていて、LogicとかCubaseとかPro ToolsみたいなメジャーどころのDAWの設定は入ってるんだけど、俺が今使ってるのはStudio One 3なので専用の設定が入っていない。

ということで設定の仕方をいろいろ調べてたら、こちらのブログで設定方法が書いてあったので、一応事なきを得た。
英語の情報なので、日本語で俺がやった設定の覚書ということで書いておく。

まず、Studio One 3の外部デバイス設定を開いておく。

  1. 「デバイスを追加」から、Mackie > HUI を 受信元>TR Taktile-49 DAW INに、送信先>TR Taktile-49 DAW OUTに設定して追加する。
  2. 「新規キーボード」を、受信元>TR Taktile-49 KEYBOARD/CTRLに設定して追加する。
    (送信先は「なし」のままにしておく。)
  3. 「新規インストゥルメント」を、送信先>TR Taktile-49 SOUND/CTRLにセットし、「MIDIクロックを送信」にチェックを入れて追加する。
    ※ただし、これはTaktile内部音源を利用したりBPM Syncが必要な場合のみの設定なので、特に使う必要がなければ設定しなくても良い。
  4. Taktile側のシーン設定を、Pro Toolsモードにする。

これで、トランスポートの操作、マーカーの移動、ループ、またフェーダーやノブによるミキサーの操作、トラックのミュート/ソロ/Recの切り替えが出来るようになる。
ちなみにTaktile側のControl ModeをControlに設定すると、ノブやフェーダーはCCを出力するようになるので、ソフトシンセやエフェクトのコントロールに使うこともできるようになる。
(俺の環境では唯一マーカーのセットが動作していなかったが、そのくらいならキーボードショートカットでも利用すればいいし、俺の場合はアレンジの構成をマーカーにコピーする方がよくやるので、まぁ困らない。)

補足の解説。

TaktileがPro Toolsモードの時は、 DAWコントロールがMackie HUI互換になるらしい。で、大抵のDAWはHUIとの互換性はあるだろうから、困ったらこれを利用すればいいらしい。( Studio OneだとHUIのプリセットが入ってるので、これを利用したってことになる。)
ちなみに、CUBASE、DP、SONAR、Liveモードの時はMackie Control互換になるそうだ。

以下、 TRITON Taktile-49の使用後の感想。

(さらに…)

Share This:

続きを読む →

【レビュー】Sophia – “Herbstwerk”

  1. Miserere
  2. Herbstwerk
  3. March of Strength
  4. Winterflame
  5. Inner Turmoil
  6. Copper Sun
  7. My Salvation
  8. Prost!

毎度このアーティストをネットで調べようとすると、日本の同名のバンドが出てくるので毎回イラっとするアーティストです(笑)
(いや、どっちのアーティストにも非は全くないんだけどさw)

音楽の説明をするのに他の音楽を持ち出すのは野暮な気がしますが、これを聴いて俺が思い出したのはスイスのメタルバンドのCeltic Frostの2ndアルバムTo Mega Therionです。
やたら大仰なオーケストラセクションとパーカッションが作り出す空気が近い。

3. March of Strengthとか6. Copper Sunなんか、頭の中でTom Warriorが弾いてそうなギターリフとか混ぜてみるとかなりそれっぽい。
あと、オーケストラパートの主役になってるのがホーンセクションってのがあの圧迫感というか、殺伐感を感じさせてくれるからかなぁ。
(そういや、Tom Warriorも後にApollyon Sunでインダストリアルやってたっけなぁ。あの路線も続けて欲しかった。)

ズドン!と耳の奥を急襲してくるハンマービートも殺す気を感じてしびれます。かと思いきや7. My Salvationとかで荘厳なクワイアが癒すように響くのですが、かといって希望や暖かさとは反対の方向の癒しなので、終末を静かにゆっくり迎える気分になれます。
あぁ、こうやって文明が作り上げた世界は崩落していくのだなぁ。
この手の音楽って、世界が壊れていくタイミングを描くのか、壊れた後を描くのかが分かれ道なのですが、この作品の場合は前者な気がします。ただ、もう人間の手に負えない段階で最期に至る過程を見せつけられる感じになる訳ですが。

Archive.orgにあったので、ダウンロードしてみると良いよ。
https://archive.org/details/Sophia-2001Herbstwerk

これは2001年の作品ですが2016年のアルバムUncleanも音がもっと洗練されてておすすめです。

まぁSophiaが好きな人はCeltic Frostを聴いて、
Celtic Frostが好きな人はSophia聴けばいいんじゃないですか?
ジャンルはそれぞれ違うけど、なんだか音の向こう側の景色が繋がってるような気がします。

そうだなぁ、Dawn of Meggidoなんかが凄い近い気がする。

Share This:

続きを読む →