KORG TRITON taktileをStudio One 3で使う設定。及びレビュー。

ついこないだ、自分への誕生日プレゼントとして、Korg Triton Taktile-49を買った。

こいつはDAWとの連携機能がついていて、LogicとかCubaseとかPro ToolsみたいなメジャーどころのDAWの設定は入ってるんだけど、俺が今使ってるのはStudio One 3なので専用の設定が入っていない。

ということで設定の仕方をいろいろ調べてたら、こちらのブログで設定方法が書いてあったので、一応事なきを得た。
英語の情報なので、日本語で俺がやった設定の覚書ということで書いておく。

まず、Studio One 3の外部デバイス設定を開いておく。

  1. 「デバイスを追加」から、Mackie > HUI を 受信元>TR Taktile-49 DAW INに、送信先>TR Taktile-49 DAW OUTに設定して追加する。
  2. 「新規キーボード」を、受信元>TR Taktile-49 KEYBOARD/CTRLに設定して追加する。
    (送信先は「なし」のままにしておく。)
  3. 「新規インストゥルメント」を、送信先>TR Taktile-49 SOUND/CTRLにセットし、「MIDIクロックを送信」にチェックを入れて追加する。
    ※ただし、これはTaktile内部音源を利用したりBPM Syncが必要な場合のみの設定なので、特に使う必要がなければ設定しなくても良い。
  4. Taktile側のシーン設定を、Pro Toolsモードにする。

これで、トランスポートの操作、マーカーの移動、ループ、またフェーダーやノブによるミキサーの操作、トラックのミュート/ソロ/Recの切り替えが出来るようになる。
ちなみにTaktile側のControl ModeをControlに設定すると、ノブやフェーダーはCCを出力するようになるので、ソフトシンセやエフェクトのコントロールに使うこともできるようになる。
(俺の環境では唯一マーカーのセットが動作していなかったが、そのくらいならキーボードショートカットでも利用すればいいし、俺の場合はアレンジの構成をマーカーにコピーする方がよくやるので、まぁ困らない。)

補足の解説。

TaktileがPro Toolsモードの時は、 DAWコントロールがMackie HUI互換になるらしい。で、大抵のDAWはHUIとの互換性はあるだろうから、困ったらこれを利用すればいいらしい。( Studio OneだとHUIのプリセットが入ってるので、これを利用したってことになる。)
ちなみに、CUBASE、DP、SONAR、Liveモードの時はMackie Control互換になるそうだ。

以下、 TRITON Taktile-49の使用後の感想。

(さらに…)

Share This:

続きを読む →